手のひら多汗症のETS手術で代償性発汗が生じる確立はどれぐらい?

季節はいよいよ夏本番、多汗症を患っている人たちにとって本格的に辛い時期になりました。

以前、手のひら多汗症を患っていた多汗症ラボ管理人(私)ですが、今から10年前に胸腔鏡下交換神経遮断術(ETS手術)を受けたことにより、こんなに暑い時期でも全く手汗をかかなくなりました。

手術前はダラダラとかいていた手汗が完全に止まったおかげで、天気の良い日に好きな人(奥さん)と手を繋いでお散歩できるようになったんです。

これは手のひら多汗症だった頃には考えられないことでした。

ただその代わりとして、現在は手術の副作用である代償性発汗にとても悩まされています。

気温が25度を超えることに反応する発汗ですので、暑い時期にはなかなか対策の施しようがなく、毎日首から下の手のひら以外の箇所にベチャベチャと大量の汗をかいている状態です。

手のひら多汗症を手術したのが間違いだったのか?

体中に汗をかくより、手のひらにだけ汗をかいている方が生きていきやすかったのか?

自問自答の毎日です。

当時の私のように、人知れず手のひら多汗症で悩んでいる人はたくさん居ると思います。

そんな手のひら多汗症で悩んでる人があまりの苦しさから藁をも掴む思いで決意して手術を受けた場合、みんながみんな代償性発汗を発症してしまうのか?

ETS手術とはそういうものなのか?

今回はその辺を調べてみました。

スポンサーリンク
広告 PC




代償性発汗が発症する確率

専門のサイトだったり、多汗症について詳しく説明されているサイトだったりをいくつか見て検証していきます。

非常に高い

どのような副作用かと申しますと、代償性発汗の問題です。代償性発汗とは、目的とする部位からの発汗は抑えることに成功したものの、他の部位からの発汗が新たに始まるという症状のことです。

多汗症の手術というのは、術後にこの代償性発汗という症状が現れる確率が非常に高いと言われているのです。その他の副作用としましては、体の中に熱がこもりやすくなるという症状が現れることもあります。

引用元:健康と生活の医療Navi

様々な病の情報を分かりやすく公開しているこのサイトでは、「代償性発汗の症状が現れる確率は非常に高い」としてあります。

100%に近い確率

手汗は 100%に近い確率で止まります。

しかしながら副作用の代償性発汗も 100%に近い確率で起こると言われている 諸刃の剣です。

引用元:病気 症状 体の不調

体の不調をその症状ごとに対策や予防方法を公開しているこのサイトでは、「代償性発汗は100%に近い確率」で起こるとしています。

70~80%で出る

代償性発汗の出る確率は70-80%です。ほとんどの人で出ると思っていたほうがよいでしょう。

これはこの手術の唯一の欠点です。

ですから、この手術をする際には代償性発汗のことをよく考えて手術の決定をすることが重要です。

引用元:いけべ医院ホームページ

大分市でETS手術を行っているクリニックのホームページでは、「代償性発汗の出る確率は70~80%」だとしています。

加えて「ほとんどの人で出る」とも書いてあります。

代償性発汗というデメリットは100%ある

これまでに当院で行ったTh4遮断の患者様は3700人以上になりましたが、98%以上の患者様は長年の手の汗の悩みが解消されてとても満足されています。

しかし私が知り得る限りで7~8人(全体の0.3%)の患者様が、暑い夏に自分が予想していた以上に背中や胸、ふとももから汗が出るようになったといって手術を後悔されています。

したがってTh4遮断でも代償性発汗というデメリットは100%ありますので、この手術をお受けになるかどうかは、患者様ご自身がいかに手の汗で悩んでおられるかです。

引用元:おだクリニック日帰り手術外科

これは日帰りでETS手術を受けることができる福岡市のクリニックのホームページですが、この中で「手術を行った人数3700人の内0.3%の患者が手のひら多汗症を手術したことを後悔している」と書いています。

また、「代償性発汗というデメリットは100%ある」とも言っています。

3~8%ぐらいの患者さんに見られる

症例数が増えていくと副作用も出てきます。治療箇所とは別の部位から多量の発汗をする「代償性発汗」というものが、3~8%ぐらいの患者さんに見られるようになりました。

引用元:ドクターゲート

これはドクターゲートという優れたお医者さんを紹介しているサイトですが、その中で紹介されている山本英博クリニックの山本英博院長のインタビューでは、「代償性発汗は3~8%ぐらいの患者さんに見られる」と言われています。

これまでに比べると異常に少ない数値ですね。

よく読んでみると、山本英博院長は多汗症に対して真剣に取り組み、研究を重ねることで手術後の代償性発汗の治療も行えるようになっているとのこと!

これはETS手術後の代償性発汗で悩む人には朗報です。

まとめ

いくつかのサイトをよく読んでみると、ほとんどの場合で「代償性発汗が生じる可能性は非常に高い」とされていました。

確かに、実際にETS手術を受けてその副作用として代償性発汗を発症している私自身が、「代償性発汗はほとんど発症する」という認識でいますので、一般的にはそうなのでしょう。

ただ気になるのが山本英博クリニックで受けることができる代償性発汗の治療ですね。インタビューの内容を読んでみて、本当に効果のある治療が受けられるのであれば、高い交通費(私は九州地方の人間です)を払ってでも東京まで受診しに行きたいと強く思うようになりました。

それほどまでに代償性発汗の症状は重く、程度によっては日常生活に支障をきたします。

これから手掌多汗症の治療として「手術」という選択肢を検討中の方がいたとしたら、絶対に病院選びは慎重に行ってください。

私はそこが失敗しました。

ETS手術によって手のひらの汗はほとんど止めることができますが、副作用である代償性発汗もまた、ほとんどの確率で発症することを理解しておきましょう。

スポンサーリンク
広告 PC