ETS手術は受けて良かった?実際に手術した私が今の気持ちを整理してみる

まずは私が実際に受けたETS手術について。

これはレベル2の手掌多汗症を患っていた私が、手のひらの汗を止めるべく受けた手術です。

手のひら多汗症の原因は現代医療においてもハッキリとはしていないようですが、一説には「交感神経の機能活動が促進された状態が続くことで汗を分泌する腺が活性化され、手のひらに多量の汗が分泌される」ということが言われてるため、いっそのことその悪さをしている神経を切り取ったり焼いたりして活動を止める「交換神経遮断術」という方法をとるのですが、加えて、内視鏡を使用し皮膚につけた小さな傷からカメラのついた細い管を入れて患部を見ながら手術する方法を含めて「胸腔鏡下交換神経遮断術(ETS手術)」と言うようになります。

この手術を受けたことで、それまで悩みの種だった手のひらにかく汗は本当にピタリと止まり、術後10年が経った今でも効果はその効果は継続して得られています。

しかし、ETS手術には高確率で代償性発汗という副作用がつきまといますが、例に漏れず私も体中から汗をかく代償性発汗を発症してしまっています。

手掌多汗症だったころは手のひらにのみ大量の汗をかき、その他の部位は健常なレベルでしたが、ETS手術後は手のひらの汗こそ止まりましたが、体中に異常な汗をかくようになってしまいました。

ただ、手のひらの多汗症は1年中ひたすら手汗をかきますが、代償性発汗は気温が25度を超えることに反応する温度依存の発汗なため、一年の半分の暑い時期にしかほぼ汗をかきません。

そのため手術を受けたことで1年の半分は全身がサラサラしており、自分が汗の病気を患っているなんて忘れてしまいそうになるほどに、とても快適に過ごせます。

逆に、暑い時期はどんなに衣類や清涼グッズで対策したとしても、体中から噴出す大量の汗は着ている衣服をベチャベチャにし、周りに「あの人なんであんなに汗をかいているの?」と不思議がられることもよくある程です。

そして何より全身が濡れていることで、自分自身が気持ちの悪い思いをします。

そうなるとETS手術を受けず、生活に支障はあるが手のひらにのみ汗をかいていた方が良かったのか?

それとも一年の半分は快適に過ごせるようになったのだから、あとの半分を諦めてさえしまえばETS手術を受けて良かったといえるのか?

術後10年が経過した今でも、どちらが正解だったのかをよく考えます。

スポンサーリンク
広告 PC




ETS手術を受けて良かったこと

私が物心がついた頃から23歳までの手のひら多汗症だった頃は、大量にかく手汗のせいで生活や仕事に様々な支障が出ていました。

悩みを周りに打ち明けることもできなかったため、その頃は如何にバレずに生きていくかが最大の課題だったのですが、そのせいで周囲とは距離を置くようになり、段々と内向的な性格になってしまいました。

小さい頃はゲーム機の貸し借りができないせいで友達とは遊ばなくなり、手汗グッチョリな状態では手を繋ぐこともできないため、恋人を作ることにも消極的でした。

そんな私がETS手術を受けることにより、サラサラな手のひらを手に入れることになります。

その後は特に涼しい時期限定ではありますが、対人関係に対してとても積極的になれました。

友人と遊んでいて嬉しいことがあれば自分からハイタッチを求めるようにもなりましたし、恋人とはずっと手を繋いだ状態でデートを楽しむことができます。

手汗がひどかった頃は恋人の頭をなでなでするなんて、夢のまた夢の話でしたからね。

これは本当に嬉しいことでした。

あとは一年間のうちで約半分の涼しい時期を、健常者と同じ感覚で過ごせること。

これが一番ETS手術を受けて良かったな~、と心から思える部分です。

私の住む地域ではだいたい11月~5月あたりがそうなのですが、手汗はもちろんのこと体のどこからも異常な発汗は行われません。

手のひら多汗症だった頃に夢に見ていた「普通の体」が手に入った状態になるのです。

この普通の体の時期が本当に快適で、仕事もうまくいくし対人関係も良好、全ての事柄が順風満帆に思えて、一切の悩みやストレスがなくなります。

一年の半分、それは人生の半分ともいえますが、ETS手術を受けることでその人生の半分が、これまでのものと比べると、とても良い人生となりました。

ETS手術を受けて失敗したと思うこと

ETS手術を受けることで人生の半分が素晴しいものになりましたが、残りの半分は代償性発汗のせいで地獄のような人生を送らなければならなくなりました。

代償性発汗は気温が高くなることに反応して体中から大量の汗が噴出しますので、特に夏の外出やレジャーは一切楽しめません。

春や秋の比較的気温が優しい時期でも、軽くジョギングしただけで体はビチョビチョです。

おそらくクーラーが利いたジムなどで運動したとしても、これは変わらないと思われます。

運動全般が楽しめなくなるんですね。

あとは服装も選べなくなります。

グレーはもちろん、赤や青などの原色系の衣料は汗染みがかなり目立つため、一切着ることでができなくなりました。

肌に密着した綿素材の衣類は汗を吸ってすぐにビチャビチャになり、遠目に見てもひと目で濡れているのが分かる程度ですし、下手したら汗が絞れることもあります。

基本的には吸汗性と速乾性に優れていて、なおかつ汗染みが目立たない服装でないと人前に出ることができない、と私は考えているのですが、そうすると代償性発汗のせいで困難になったはずのスポーツ系のファッションをせざるを得なくなります。

このブログでも紹介した、スポーティーなインナーなどがそうです。

おかしいですよね、運動が苦手な体をもった人間が運動が好きな人が着るはずの服装をする。

おかげで私は周囲からよく「サッカーをやっていそう」と言われるのですが、実はサッカーが大の苦手だったりします。

それと私の場合、手術を受ける病院選びを失敗しました。

ETS手術を受ける人は本当に悩み、苦しみ、藁をも掴む思いで病院を受診すると思うのですが、そんな患者に対して「本当に手術を受けるのか?」、「手術を受けることでこういった副作用がある」などを、時間をかけて説明をしてくれる親切なところを選ぶべきでした。

手汗を止めたい一心であまり親切ではない病院での手術を決めた私が悪かったのですが、その病院は今ではETS手術(多汗症治療全般)を行っていないそうです。

術後の対応も良くなかったですし、クレームが多発したなどの理由からでしょうか?

私が今多汗症の手術を受けるのであれば、以前のブログで紹介した「山本英博クリニック」のように多汗症に対して知識と理解があり、ETS手術を行うことで万が一代償性発汗が発症したとしても、その対策治療も行えるようなしっかりとした病院を受診すると思います。

私が手術を受けた10年前は、今のように何でも簡単にインターネットで調べることができる世の中じゃなかったことが悔やまれます。

考えをまとめてみる

ETS手術を受けたことは正解だったのか?

それとも代償性発汗が発症したから失敗だったのか?

手術を受けてからの10年間、ひたすらそのことばかりを考えさせられています。

といっても悩むのは暑い季節だけなんですけどね。

涼しい時期には本当に何も考えなくて済みます。

どっちが正解、となると未だに答えが出ていないという現状なのですが、それにはふたつの原因があると感じています。

ETS手術前にやり残した治療法

手のひら多汗症に有効であるといわれている治療法ですが、今になってネットで調べてみるとたくさんあるみたいですね。

アルミニウム溶液の塗布や星状神経節ブロック療法など、当時通っていた皮膚科で教えてもらった治療法をいくつか試しただけで、全ての可能性を試してからETS手術に臨んだわけではないので、ひとえに「ETS手術を受けて良かった」と考えることができないんだと思います。

手術で一度切除した神経は二度と繋がらないため、これはもう叶わないことではありますが、おそらく全ての可能性を潰してもなお手汗が止まらず、そこで初めてETS手術に踏み切っていたのであれば、今のようにETS手術を受けたことを後悔することは微塵もなかったでしょう。

代償性発汗対策が十分でない

手のひらの汗は止まり、一年間の半分を快適に過ごせる体を手に入れたはずが、暑い時期に発症する代償性発汗が辛すぎて、これまた「ETS手術を受けて良かった」と素直に思えないんだと思います。

しかし、この代償性発汗をできるだけ抑えることができれば、その時初めてETS手術を受けて良かったと思えるんだと考えています。

術後10年が経過した今でも試行錯誤中ですが、なにか代償性発汗に対して効果的な対策方法が見付れば、ETS手術を受けて正解だったと言えるようになるでしょう。

手汗治療プログラム(SCM)~手術せず3ヶ月で手掌多汗症を改善する方法~

多汗症・手汗・ワキガを改善!【スッキリサラサラ7Daysプログラム】

まだETS手術を受けておらず手のひらの多汗症に悩んでいる方は、とにかく手術以外の治療法を試してみてください。

ETS手術で切除した神経は自然には二度と繋がりません。

手術を受けたことで辛い副作用(代償性発汗)を発症したとしても、もう後戻りができないからです。

新・もう汗で悩まない 「汗博士」による多汗治療の最前線

すでにETS手術を受けていて、ひどい代償性発汗に悩んでいる方は、私と一緒に体にかく汗の対策方法を考えていきましょう。

ETS手術を受けたことで代償性発汗を発症してしまい、もう後戻りができない私は、できれば「ETS手術を受けて良かった」と心から思えるようになりたいため、これからも様々な方法を試していきます。

その中で良かったものはもちろん効果のないものも、その様子をできるだけ本ブログで紹介していきたいと考えています。

スポンサーリンク
広告 PC