ETS手術は受けたら良くなる?悪くなる?二度とやり直せないギャンブルです

今回のブログタイトルは、私が「ETS 代償性発汗」というキーワードでネット検索していたおり、たまたま読んだブログで見て非常に納得できた言葉を使わせてもらったものです。

そういう私は元手のひら多汗症患者で、10年ちょっと前にETS手術を受け、その後は酷い代償性発汗を発症しています。

手術の副作用ですね。

気温が高い時期限定(体感で一年の内の半分とちょっとの期間)ではありますが、手のひらの汗を止める代わりに、多汗症時代にかいていた手汗なんて話にならないほど大量の汗を、ほぼ全身にかくようになってしました。

最悪です。

手汗はグーを握れば隠せますし、触れなければ知られることはほぼありません。

しかし代償性発汗でかく大量の汗は、遠目に見てもすぐにバレるのです。

恋人と手を繋ぐためにETS手術を受けたはずが、その副作用で今度は抱きしめることができなくなってしまったんですよね。

ほんと、馬鹿げた話です。

しかしながら、「手術を受けたことを後悔しているか?」と聞かれると、「分かりません」と答えるのが、術後10年が経過した私の素直な心境だったりもします。

未だにETSは善なのか?悪なのか?決めかねている状態なのです。

スポンサーリンク
広告 PC




ネットで見付けたあるブログ

そんなことから最近はよく、ネットで実際にETSを受けた方のブログなんかを読み漁っているのですが、その中で書いていることにとても共感でき、内容から察するに似たような境遇(経緯)の方の書くブログを見付けることができました。

文章を書くのが非常に上手な方でして、おかげで結構な量をサクサク読み進めていたのですが、そんな中で見付けたのがこのブログタイトルで使わせてもらった一文。

ちょっと原文を引用させていただきますが、

最後に、ETS手術を受けて10数年。代償性発汗と共に生きてきた私が考える「ETS手術」についてです。

同じように手掌多汗症で悩み、ETS手術に興味を持った人が身近にいたとして、ETS手術経験者である私に意見を求められた時、果たして手術を勧めるか?そう考えたとき、私は「お勧めできない」と答えるでしょう。

このブログでは私のETS手術と、その後の状態などについて、何回かに別けて投稿してきました。もしご覧になった方がいれば「ETS手術も悪くないかも…」と感じられたかも知れません。

それだけ手掌多汗症の症状が酷く、一方で手術後の代償性発汗は比較的軽度であったために、完治はできずとも「多汗の問題を緩和する」魅力的な治療法との印象を受けたかも知れません。

しかし、何度も繰り返し記述してきたとおり、代償性発汗の程度は治療を行うまでは分からず、代償性発汗による弊害が手掌多汗症の悩みを大きく上回ってしまった方も沢山おられるのです。

しかも一度治療を受けたら元には戻せません。これはあまりに酷い「ギャンブル」です。

もちろんETS手術を受けた結果、多汗に対する悩みが大きく改善したのは私に限ったことではなく、他にも多くの方がいらっしゃることもまた事実でしょう。

手術をすれば改善するかも知れない。

一方で、今よりももっともっと苦しむことになるかも知れない。

二度とやり直せない、そんなギャンブルを、あなたは打てますか?

引用元:手掌多汗症に生まれて ETS手術から10年後の代償性発汗(現在)②

この太字にした文章が、「なるほど、確かにそうだな」と非常に納得できるものでした。

ETSを受けて100%代償性発汗が発症するわけではありませんが、その確率がとても高いことは以前書いたブログでご紹介した通り。

しかし、もしETSを受けることで代償性発汗が起きる確率が98%だとしても、それでも程度が軽いことに賭けることができる、心の底から「手汗を止めたい」と言える人のみがチャレンジできる、ETSとはまさにギャンブルのような感じですね。

実に的確な言い表しだと感心しました。

もし手術の相談をされたら

今後もし、私宛にETS手術を検討している人からの相談などありましたら、その時は「ETSは酷いギャンブルです」という言葉をお借りして答えていこうと思いました。

実際に代償性発汗を発症させずに手のひら多汗症が治った人もいるでしょうから、ハッピーエンドの可能性はゼロではないはず。

しかしそれは、大きな賭けになるぞと。

そして、負ける確率は高いぞと。

それが分かっていながら、それでも手のひら多汗症が辛くて辛くてしょうがないのであれば、賭けてみるのもひとつの手だぞと。

もし私が手術を受ける前にそういう言葉をもらい、自身で「それでも手術する」と決意してからETSに臨んだとすれば、今のようにうだうだと手術して良かったのか、、、それとも手術を受けない方が良かったんじゃないのか、、、と考えることはなかったと思うんですよね。

まとめ

今回紹介させていただいた「手掌多汗症に生まれて」というブログですが、ご自身がETSを受けるまでの過程や様子、その後の代償性発汗や多汗症の遺伝(お子さんの汗のかき具合を経過観察されています)などについて、かなり読み応えのある内容になっています。

私のように他のETS経験者の方の心境が知りたくて読むも良し、ETSを検討している方が代償性発汗ってどういったものだろう?といった視点で読むも良し。

私も幼い子を持つ元多汗症持ちの親ですから、娘さんの今後の発汗の様子がとても気になりますので、引き続き愛読させていただこうと思っています。

スポンサーリンク
広告 PC