多汗症ラボ管理人一覧

夏の暑さを乗り切れ!代償性発汗に効果がありそうな対策グッズ3選

代償性発汗で胸や背中などにかいた大量の汗を拭き取ることができ、それをそのまま冷感グッズとして使えるなんて、まさに一石二鳥な代物ではありませんか。抗菌仕様で衛生的にも大変よろしいのと、特殊な繊維などを使用していないため繰り返しの洗濯でも効果が薄れることがないとのことで、一生大事に使うつもりで購入を決めました。

手のひら多汗症は何科で診てもらえる?総合病院が間違いない理由とは

色々と調べてみた結果、総合病院を受診するのが一番だという結論にたどり着きました。手のひら多汗症を引き起こす原因自体は未だハッキリとはしていないものの、原因になっているとされるものは多岐にわたり、それぞれの症状ごとに適切な治療を行わないと効果が得られないことは分かっています。

手のひら多汗症の治療方法 胸腔鏡下交換神経遮断術(ETS手術)とは?

悪さをしている神経を切り取ったり焼いたりして活動を止める「交換神経遮断術」という方法をとるのですが、加えて、内視鏡を使用し皮膚につけた小さな傷からカメラのついた細い管を入れて患部を見ながら手術する方法を含めて「胸腔鏡下交換神経遮断術(ETS手術)」と言うようになります。

手のひら多汗症手術の副作用「代償性発汗」とは?その対策は?

手のひら多汗症は気温の高さ以外にも精神的なものだったり、ホルモンバランスや生活習慣の乱れなど色んな要因が原因で手のひらに汗をかくのですが、代償性発汗は気温が25度を超えると発汗が始まり、クーラーが効いた部屋など涼しい場所に行くことで汗を止めることができる「温度依存の発汗」です。

スポンサーリンク
広告 PC